社会人と学生とのギャップ

大学を卒業し、社会人になって早くも7ヶ月が経っております。
はじめまして入社1年目の中村です。


先日内定式が行われ、来年は3人の新しい仲間が加わることになりました。
去年の今頃、自分がその立場であったと考えると1年が非常に早く感じます。
さて今回は、7ヶ月経って感じた"社会人と学生とのギャップ"についてお話ししたいと思います。

1つめは責任です。YLPでは、世代や年齢を問わず責任のある仕事を任されます。
配属1ヶ月余りで出張に出向いたり、機器を設定したりと常に責任を感じております。
もちろん不安な思いもありますが、新しいことにチャレンジできる嬉しさもあり新鮮な毎日を過ごしております。

2つ目は休日の価値です。学生の頃は、時間が沢山あり、いつでも自由に行動できます。
その為か休みに対しての有難味が薄く、土日と平日の区別が少なかったように思えます。
しかし、社会人になると1日の大半を会社で過ごすことになります。
ですので、休日をどう過ごすかで充実度が大きく変わっていきます。
私は限られた時間の中で趣味に没頭してストレスを発散させ、メリハリのある生活を送れるようになりました。
また、休日を遊んで楽しんだ分だけ、翌週の仕事は頑張れる事に気づきました。


4月から社会人になる方は、初めて社会にでていくということで不安な気持ちになっている人も多いかと思います。
特になりたての頃は、学生時代に戻りたいと考えてしまうかもしれません。
しかし社会人では、学生の頃では味わえない仕事を通して得られる新しい経験や達成感などの楽しみもあります。
初めてで慣れないこともあると思いますが、まずは自分のペースで最善を尽くして仕事を乗り越えていきましょう!

それでは。

0 Comments

Post a comment