I/O

こんにちは。大阪チーム古堅です。

大阪に引っ越して早1か月程。
徐々に大阪での生活にも慣れてきました。
環境が変わり気分も新しく新鮮な毎日を過ごしております。

思い返せば私は20歳を過ぎてからほぼ毎年違う地域(国)に居ます。
そのせいか環境の変化に対応するのがすごく上手くなりすでに大阪弁化しつつあります。

最近私が思った事を書いてみます。
インプットとアウトプットです。

IT業界では毎日新しい技術が生まれ、
私たちはそこに対応していかなければなりません。
そのためには日頃からインプット(情報収集)し
自分の引き出しを少しづつ増やしていくことが重要になります。

私みたいな新米とベテランではもちろん持っている引き出しの数が違います。
そこには経験もありますが、それ以上にこれまでインプットしてきた数が圧倒的に違うからです。
引き出しが多ければ多いほど新しくできた技術にも対応していく術を持てます。

「やった事が無い・少し知っている・聞いたことがある」と
「やった事が無い・全く知らない・聞いたこともない」では
どちらも「やった事が無い」ということに変わりはありませんが
そこには大きな差があると感じました。

今は使われていない技術でも新しい技術の根底には古い技術があり
そこを知る事でも応用していく技術が身に着くのではないかと感じます。

といっても使わなかったらすぐ忘れちゃいますけどね...
でも「全く知らない」よりは「少し知っている」方がお得なのは間違いありません。
アウトプットまでのスピードが格段に速くなります。

日々進化しているIT業界で新しい技術に対応(アウトプット)していくためには
日頃から少しづつのインプットがすごく大切だなと実感している今日この頃です。

おおきに。

0 Comments

Post a comment