~NetWorkConsultant~

2018年02月16日
Kea-DHCP

ネットワーク担当 黒木です。

梅が満開な
今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか

さて、今回の内容は
「Kea DHCPサーバ」ということで。

L3SWのDHCPリレーや無線APのDHCP Option43を使用した動的にコントローラーに帰属するなどの
検証をする際にDHCPサーバを用意することが多々あります。

LinuxでDHCPサーバといえば、ISCのdhcpdです。

設定方法を調べると沢山情報が得られます。

検証用にdhcpdを使用してきましたが、
どうやら開発が2018年7月で終わるようです。

今後はISC Kea-DHCPがメインとなります。

近い将来にdhcpdからKeaへの置き換えが発生しそうです。

dhcpdから卒業し、Keaで検証用DHCPサーバを構築したいと思っています。

参考URL
https://www.isc.org/kea/

では。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ヤングライフプロポーサル

Author:ヤングライフプロポーサル
情報ネットワークサービスを多角的な視野で「紹介」「提案」するネットワークコンサルタント

有限会社ヤングライフプロポーサル

日常でのサーバー構築での出来事、名古屋Linuxスクールの学習内容・LPIC試験対策など、ブログを読んでいただく方に役立つ情報を掲載していきます。