日本人とアメリカ人の価値観の違い

こんにちは。

面白い記事があったので是非読んでみて下さい。

【残業は偉い/残業は能力が低い】 日本人とアメリカ人の価値観の違い 10選
https://curazy.com/archives/161150

この中で、私が身につまされる思いをしたポイントを取り上げたいと思います。

その1 「転職」
【日本】石の上にも3年!ころころ転職するなんてもってのほか!
【アメリカ】経験豊富!チャレンジ精神旺盛!
5da3bee874d04623cca404db540b8beb.jpg
確かに。
日本では「就職したらとりあえず3年頑張れ!」 「この人はどの仕事も1年で辞めているから根性がないかもしれない」
みたいな文化が今でも根付いている気がします。かくいう私も、採用する側だとやはり不安になるかもしれません。
これがアメリカ人的な考え方でいうと、「様々な業種に手を出してるから経験豊富だね!」
んー。羨ましすぎるくらいにポジティヴですね。
でも確かに、様々な業種を経験して様々な人達を見てきたという実績は、裏を返せば貴重なのかもしれません。

その2 「残業」
【日本】残業するなんて、あの人はえらい!
【アメリカ】残業するなんて、あの人は能力が低い!
b8d8e1c85164af912f58b644d7d235a0.jpg
有休取得に罪悪感を感じてしまったり、上司が残ってるのに帰り辛かったり、
あの人はいつも残業していて根性があるななんて思われると、自分も合わせて付き合い残業した方がいいのかな。
なんて思ってしまったり。日本のメディアでもよく話題に挙がりますね。
アメリカ人的には、仕事が出来る=計画を立ててスケジュール通りに終えられるから残業は多くない
仕事が出来ない=スケジュールを立てるのが下手、仕事が遅いから残業が多くなる。という考えなのでしょうね。

その3 「本音と建て前」
【日本】本音は心にしまう!上の人を立てる
【アメリカ】遠慮は不要!何事も本音で
414dec433f4c555a47a4f951c2fdb7ad.jpg

いやー。これはまさに私ですね。本音を言えば「若者のクセに生意気だ!」と返されるなども、よく聞きます。
相手も自分も、立場など関係なしにフラットな感情で意見交換できるとベストですよね。

その4 「褒められた時」
【日本】褒められたら謙遜
【アメリカ】隙あらば自己アピール
94de02db487499c522c456b6c30351c5.jpg

少し話が逸れているかもしれませんが、日本人って良くも悪くも、
”謙遜しながらも実は陰で努力している姿こそ美徳”みたいな風潮がありますよね。
私もまさにそのタイプなので、逆に「俺は何でも出来るぜ!」と堂々と豪語している人にはとても魅力を感じます。

日本では、常に謙虚でいる事が大切だ。みたいな教えも多いですが、
私は自信を持って堂々している人の方がかっこよく感じます。

以上です。いかがでしたでしょうか。

私は海外経験も多くないですし、海外に強く憧れている訳でも、日本が嫌いな訳でもありません。(笑)
ただ、何か日本人って他の国に比べて基本的にネガティブなのかなとずっと感じていました。
(全ての外国人が記事通りではないでしょうし、逆に日本人もそうでしょうが。)

そして、私はこの記事でいう””根っからの日本人気質””だと思いました。(笑)
休日に、「もし職場のシステムでトラブルが起きていたらどうしよう・・・。」と考えたり、
相手は別に何とも思ってないのは分かるのですが、何かちょっと先に帰り辛かったり、
言いたい事があっても「自分なんてまだ下っ端だから・・・」と思って我慢する事もあります。

まとめますが・・・
日本には日本の良い・悪いがあって、外国には外国の良い・悪いがあると思います。

ただ、”良い風潮”に関しては、取り入れていくべきだと私は考えます。
国の文化を変えるというのは決して簡単な事ではないですがね。(泣)

本題ですが、LPIC Level3受かりました。社内で3人取得者がいます!継続していきましょう!

それでは。

0 Comments

Post a comment