ジョハリの窓

こんにちは。片岡です。

突然ですが、みなさん、ジョハリの窓ってご存じですか?

最近セミナーで知った心理学のワードなのですが、ジョハリの窓とは
自分に関する情報データを以下の4つのカテゴリーに分類して自己分析をする方法です。

---------------------------

Johari_window.png



「開放の窓(自分にも、他人にも分かっている姿)」
「盲点の窓(他人に分かっているが、自分には分かっていない姿)」
「秘密の窓(自分に分かっているが、他人には見せない姿)」
「未知の窓(自分にも他人にも分かっていない姿)」


---------------------------

これは、他人とのコミュニケーションを円滑にするための自己分析として、
心理学ではよく使われているモデル(方法)だそうです。

就職活動ぶりに自己分析をしてみたのですが、自分自身の事をわかっているつもりでも
実際、長所・短所を挙げてみようとすると弱みや短所はいっぱい出てくるのに、
強みや長所はあまり出てこなかったりという結果に、、、、
まだまだ自分のことをわかっているつもりだったということを思い知らされる結果になりました。
※実際、多くの人がわかっているつもりだったり、思い込みであったりすることが多いようです。

まだ自分自身では気付いていない自己を発見できる良い機会となると思うので
興味がある方はぜひ実践してみてください。
ではでは。


名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)

0 Comments

Post a comment