~NetWorkConsultant~

2016年10月27日
入社してはや半年

皆様、初めまして!

今年、ヤングライフプロポーサルに入社しました加藤と申します。
今後ともよろしくお願いいたします。

さて、入社してはや半年が経ちました。
この半年間を振り替えると、半分は研修期間、残り半分は実務を行いました。
入社したのが半年前、、研修が終わったのがもう3か月前、、、
何かと時間が経つのが早く感じるようになってきた今日この頃。

今回は、LPIC レベル1について話したいと思います。

YLPに入社して一番初めに苦労することは、
やはり研修期間中に取得するLPIC レベル1ですね、、、

なにが大変かといいますと、まずLinux技術者認定試験学習書(以下、赤本)の
分厚さにパンチをくらいそして赤本の中身の量にアッパーされ、
実際に勉強し始めて1週間が経ち、本当に3か月で取得できるかという不安から
見事にK.Oされました、、、

しかし、そんなことではいけないと自分を奮い立たせて、勉強を行いました。
勉強方法としては、赤本やPing-tを使いコマンドを暗記しました。
この暗記がかなり大変でコマンドに対してそれぞれオプションの
意味が全く違うんです!!

(例)grep -l   パターンと一致するファイル名を表示
rpm -l   指定したパッケージに含まれるすべてのファイルを表示
dpkg -l  インストール済みパッケージを検索して表示する
dpkg -L 指定パッケージからインストールされたファイルを一覧表示

l,Lは表示(list)という意味を持ちますが、すべてを表示するのか、
一部を表示するのか違ってきます
他にもたくさんこのようなことがありますので、苦労しました。

なんだかんだ、苦労した!大変!など嘆いてきましたが、
私一人が苦労しているわけでなく、同期の人たちと同じ方向を見て勉強をし、
同じ苦労と大変さを感じていたと思います。また、先輩社員に助けてもらいながら
LPIC レベル1を取得することが出来ました。

苦労したことが資格という形になったことはとてもうれしいということを
感じることが出来ました。

形といえば、LPIC レベル1を取得すると、賞状と証明カード、シール、その他広告
が送られてきます。
この賞状を、会社の壁に飾ろうと同期に声掛けをしているのですが、
いまだに私だけしか飾られていません。
いつか6枚の賞状を飾る日が来るといいなーと大っぴらに言っています。


それでは。



名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ヤングライフプロポーサル

Author:ヤングライフプロポーサル
情報ネットワークサービスを多角的な視野で「紹介」「提案」するネットワークコンサルタント

有限会社ヤングライフプロポーサル

日常でのサーバー構築での出来事、名古屋Linuxスクールの学習内容・LPIC試験対策など、ブログを読んでいただく方に役立つ情報を掲載していきます。