~NetWorkConsultant~

2016年05月27日
フォント

こんにちは。酒井です。

普段PCで使っているフォントですが、ふとどうやって作っているのか気になったので調べました。
なんとなく予想はしていましたが、一文字一文字手作りです。

アルファベットはともかく、漢字は数が多く大変ですね。
有料フォントがいい値段することもうなづけます。

さて、常用漢字だけで2千以上ありますが、いったいどこまで作成するのでしょうか。
目安として、JISが定めているJIS漢字水準というものがあります。
第1~第4水準まであり、第1水準で普通の文章で使う文字はカバーできるそうです。
有料やフリーで公開されているフォントでは、第1と第2水準に対応しているものが多いようです。

フォントを作るのはフォント大変ですね。それでは。



名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ヤングライフプロポーサル

Author:ヤングライフプロポーサル
情報ネットワークサービスを多角的な視野で「紹介」「提案」するネットワークコンサルタント

有限会社ヤングライフプロポーサル

日常でのサーバー構築での出来事、名古屋Linuxスクールの学習内容・LPIC試験対策など、ブログを読んでいただく方に役立つ情報を掲載していきます。