~NetWorkConsultant~

2016年05月12日
先の事を考えてみる

2060年の世界はどうなっているか?
2016年現在73億人の世界人口が100億人を突破、
一方日本は1.2億いる人口が8,600万になり、2.5人に1人が65歳以上、
4人に1人が75歳以上という超高齢化社会になります。

私が現在30歳なので2060年では70代半ばになっています。
もう死んでいるかと思いきや、
なんと将来の平均寿命は男性84.19歳、女性90.93歳との事。
つまりまだ生きている可能性が高いです。
そして周りも自分と同年代がかなり多いことになります。

国自体が年を取っていく。
仕事、社会、都市はどういった形になるのか。
定年は引き上げられるのか、AIがほとんどの仕事をこなしているのか、
街には高齢者向けの店が並ぶことになるのか。
なんだが想像するのが難しい時代です。
なにせ前例が無いのですから。

SF映画ではよく近未来が描かれていますが、
どれもテクノロジーの進歩を描いている事がほとんど。
高齢化社会を前向きに描いた映画があれば見てみたい。
未来なんて予測できないのかもしれませんが、先の事を考え備える事は
必要ではないかと思うこの頃を綴ってみました。

・内閣府  平成27年版高齢社会白書(全体版)
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2015/html/zenbun/s1_1_1.html

・平均寿命100歳の世界で人はかつてないほど充実した人生を送れる
http://gigazine.net/news/20140922-live-to-100/




名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ヤングライフプロポーサル

Author:ヤングライフプロポーサル
情報ネットワークサービスを多角的な視野で「紹介」「提案」するネットワークコンサルタント

有限会社ヤングライフプロポーサル

日常でのサーバー構築での出来事、名古屋Linuxスクールの学習内容・LPIC試験対策など、ブログを読んでいただく方に役立つ情報を掲載していきます。