~NetWorkConsultant~

2016年12月02日
SIMフリー

こんにちは

突然ですが、海外に行く事になりまして…仕事ですよ?仕事。
現地での連絡手段のため、日本で海外で使えるプリペイドのSIM、というものを買ってみました。

行先がマイナーなせいか、従量制のプランしかなく、3X円/MBと中々のお値段(それでも他社だと5X円/MBだったので安いものを選んだつもりです。アメリカやヨーロッパだと安いプランがあるようですが)。
従量制とはいえ、Suica的にチャージした分しか使われませんのであとで高額請求という事にはなりませんので、そこは安心です。

手続きが日本国内でできますのでその分は手軽でした。
現地でもSIMは買えますが、それと比べてどうでしょうか?

チェックしてみたいと思います。

それでは。



名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)

2016年11月28日
コスト意識

こんにちは。吉岡です。

最近、立場が少し変わりまして営業や提案に携わる機会が増えました。
今回の記事では、その立場になって再認識した「コスト意識」をテーマに綴りたいと思います。

私が技術メインで業務を行っていた時は、検証や構築に当たり前のように無駄な時間をかけ、
当たり前のように自分の意志で残業や休日出勤申請をしておりました。

しかし、営業や提案に携わる機会が増えた事により、コストに対して敏感になるようになりました。
お客様に対して見積をお出しする際、構築費の計算は大体1人日=○○といった形で算出します。
必然的に、何も考えずに残業や休日出勤を当たり前に行ってこの金額をオーバーすると赤字になります。

赤字にしないためには、限られた時間内にどれだけ効率よく仕事を終わらせる事ができるかですよね。
ビジネスマンにとっては当たり前すぎる事ですが、営業的な立場になってから今まで以上にこのコスト意識を
再認識する必要があると考え直す事ができたので、テーマにしてみました。


もちろん、がむしゃらに立ち向かって苦労する体育会系的な事も、人によってはスキルアップに繋がるとは思いますし、
繁忙期に差し掛かって案件が重なってしまった・欠員が出てしまったなどの致し方ないケースも多々あるのでしょうが、
コスト意識は常に持ちながら更に精度を高め、利益を追求していく気持ちも忘れたくないです。

それでは。


名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)

2016年11月21日
考える

こんにちは。山本です。

本日のテーマは【考える】です。
私なりの【考える】についての考えを記載します。


2年目となると色々なことを先輩から任せて頂けるようになりました。
ここで大切なことが"報連相"です。

任された=好き勝手やっていいではありません。
社会人の基本となる報連相があった上での行動(実行)をします。
しかし、都度報連相を行っていては任せた側の先輩も
「それくらいは自分で判断しろ」と思うはずです。
判断できるレベルに達しているから任せている。という訳ですね。

そして、大切になってくることが今回のテーマである【考える】です。

一番楽なことは分からないことがあった時、分かる人に聞くことです。
Qに対してAがすぐにでます。
果たして本当にそれでいいのでしょうか。
分からない→聞くが習慣になると、そこには自分の【考え】がないまま物事が過ぎていきます。

私たち"SE"は障害対応というものがあります。
障害対応とは「インターネットに繋がらない」等の障害を解消することですが
障害の切り分けを行って原因を突き止め、障害を解消します。

いつもは先輩と一緒に障害対応をして、先輩が切り分けを行って解決していた障害。
しかし、自分一人で障害対応をしなければいけない状況が発生したとき、
分からない→聞くが習慣になっていた人は自分で切り分けを行い、問題解決をすることができるのでしょうか。

日ごろから【考える】ことを怠っていた場合はパニックになり、問題解決どころか
障害を悪化させる可能性も十分有り得ます。
先輩と障害対応をしているときも、"自分だったらどうするか"と、考えて一緒に切り分けを行っていれば
一人の時もパニックになることはなく、いつも通り冷静な判断で障害対応を行うことができますね。

私自身、分からない→聞く が習慣化していましたが、
上記に気づいてからは、分からない→調べる→自分の考えを交えて聞くようにしています。
ただ闇雲に分からないではなく、ここまでは調べて分かったけどここが分からない。と聞くことで
聞かれた先輩側の立場としても、その人がどこで詰まっているかが明確で、サポートのしやすい環境が生まれますね。

ですが、急に始めてもできるものではありません。

ではどうしたら。。。

まずは疑問に思ったことを自分で調べる"癖"をつけることから始めると良いのではないでしょうか?
調べる"癖"がつけば、自然と自分の考えを持てるようになります。

何事も、次のステージに立つ。ということは一筋縄にはいきませんね。

それではまた。


名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)

2016年11月11日
エンジニアは船を漕ぐ

正面の同僚が船を漕いでいる
起こすべきかそっとしておくべきか。

東京チーム 田井中です。

『物事は多角的に捉えなければならない』

常日頃、私が心がけていることであり
また、自身を見つめ直すとき
最初に思い浮かぶ言葉でもあります。

意味は人それぞれだと思いますが
ここに私なりの解釈を示します。

物事とは読んで字の如く、目の前の物であったり
起こっている事柄のことを指しており
それを多角的に捉えるというのは
観察、想像することで情報を生み出す事だと考えています。

一つ例を挙げます。

隣で同僚がPCを操作しています。
これが起こっている物事とした時
情報にあたるのはPCの画面です。
PCの画面上でニュースサイトが表示されていれば
何かニュースを調べているとわかります。

これは物事を捉えていると言えるでしょう。
しかし、『多角的に』捉えるとなると
さらに情報を生み出す必要があります。

最初に現在就業時間か休憩時間かで
仕事をしているか否かを想像します。
さらに表情や姿勢、普段の仕事態度であったり
この後の予定を元に詳細な情報を得ます。

そして結論として
隣の同僚は就業時間中にニュースサイトを見ているが
与えられた業務は普段からきちんとこなしており
定例が近いことから、わずかに空いた時間を使って
定例時に話す息抜きの話題を探している
と考えが至ります。

もちろんこれが真実であるとは限りません。
しかし物事を多角的に捉えるというのは
このように起こっていることのみを見るのではなく
多くの情報を取り込み、多くの可能性を考える事で
限りなく真実に近い情報を獲得することであると
私は位置づけています。

つまり何が言いたいかを言うと

正面の同僚が船を漕いでいるのは
前日の夜間作業の疲れが残っているからで
そっとしておくのが正しい判断であるということです。

それではまた。


名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)


雑談 | TB(-) | CM(0)

2016年10月27日
入社してはや半年

皆様、初めまして!

今年、ヤングライフプロポーサルに入社しました加藤と申します。
今後ともよろしくお願いいたします。

さて、入社してはや半年が経ちました。
この半年間を振り替えると、半分は研修期間、残り半分は実務を行いました。
入社したのが半年前、、研修が終わったのがもう3か月前、、、
何かと時間が経つのが早く感じるようになってきた今日この頃。

今回は、LPIC レベル1について話したいと思います。

YLPに入社して一番初めに苦労することは、
やはり研修期間中に取得するLPIC レベル1ですね、、、

なにが大変かといいますと、まずLinux技術者認定試験学習書(以下、赤本)の
分厚さにパンチをくらいそして赤本の中身の量にアッパーされ、
実際に勉強し始めて1週間が経ち、本当に3か月で取得できるかという不安から
見事にK.Oされました、、、

しかし、そんなことではいけないと自分を奮い立たせて、勉強を行いました。
勉強方法としては、赤本やPing-tを使いコマンドを暗記しました。
この暗記がかなり大変でコマンドに対してそれぞれオプションの
意味が全く違うんです!!

(例)grep -l   パターンと一致するファイル名を表示
rpm -l   指定したパッケージに含まれるすべてのファイルを表示
dpkg -l  インストール済みパッケージを検索して表示する
dpkg -L 指定パッケージからインストールされたファイルを一覧表示

l,Lは表示(list)という意味を持ちますが、すべてを表示するのか、
一部を表示するのか違ってきます
他にもたくさんこのようなことがありますので、苦労しました。

なんだかんだ、苦労した!大変!など嘆いてきましたが、
私一人が苦労しているわけでなく、同期の人たちと同じ方向を見て勉強をし、
同じ苦労と大変さを感じていたと思います。また、先輩社員に助けてもらいながら
LPIC レベル1を取得することが出来ました。

苦労したことが資格という形になったことはとてもうれしいということを
感じることが出来ました。

形といえば、LPIC レベル1を取得すると、賞状と証明カード、シール、その他広告
が送られてきます。
この賞状を、会社の壁に飾ろうと同期に声掛けをしているのですが、
いまだに私だけしか飾られていません。
いつか6枚の賞状を飾る日が来るといいなーと大っぴらに言っています。


それでは。



名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)


プロフィール

ヤングライフプロポーサル

Author:ヤングライフプロポーサル
情報ネットワークサービスを多角的な視野で「紹介」「提案」するネットワークコンサルタント

有限会社ヤングライフプロポーサル

日常でのサーバー構築での出来事、名古屋Linuxスクールの学習内容・LPIC試験対策など、ブログを読んでいただく方に役立つ情報を掲載していきます。