~NetWorkConsultant~

2017年08月16日
初めまして

初めまして、入社1年目の藤田です。

入社して4ヵ月が経ちました。
4ヵ月は長いようでとてもあっという間でした。
入社当初は、社内で飛び交う言葉が全く分からず不安ばかりでした。
しかし、勉強をしていくうちにだんだん言葉が分かるようになり、
それがとても嬉しく、さらに勉強が捗っていきました。


今も分からないことが多いですが、めげずに頑張っていきます。
先輩方や同期の暖かさに助けられ頑張ることが出来ているので
この恩を必ず返せるようにします。

まとまりがないですがこれからも日々成長していけるよう
努力していきます。


名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)

2017年08月04日
新人として

名古屋に来て早4か月。沖縄とはまた違った名古屋の暑い夏を満喫しております。
初めまして、入社1年目の古堅です。


早いもので、入社してもう4か月が経ちました。
研修期間は長かったようで本当にあっという間に終わり、現在OJTとして先輩方の下で業務をさせて頂いております。
いざ業務につくと先輩方が涼しい顔でやっている事も私がやると中々思ったようには行かず業務の難しさを実感しております。
研修は終わりましたがまだまだ毎日が勉強ですね。

実際に業務について感じた事が、受け身の姿勢ではなく、何事にも挑戦してみるチャレンジ精神が大切だなぁとすごく感じています。
「分からない、やった事が無いからできない」と思うのか
「分からない、出来ないからやってみよう」と思うのか。やってみようです。
人間、失敗して恥をかいた時が1番覚えがいいと感じます。(何度も失敗している私が言っているので間違いないと思います(笑))
もちろん慎重さを欠いてはいけませんが.....
時には大胆に行動してみるのも新人の特権で、それが成長できる近道なのかなと感じています。
特に毎日のように新しい技術が生まれている現在のIT業界で働く人間として取り残されないようチャレンジ精神を忘れずこの1年で1人前に成長できるように頑張ります。


名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)

2017年07月31日
入社1年目の夏

こんにちは、新入社員の西田です。

この記事を書いている今は7月末、私が待ち望んでない季節が本格的にやってまいりました。

寒さには、衣類を着込むことで耐えることは出来ても、暑さにはどうしても抵抗できません…
自宅や会社で冷房設備の前に行くと、夏もいいものだなと感じてしまいます。
しかし、自宅に居る間は冷房をかけ続けているので来月の電気代が心配です。

さて、私がYLPに入社してから3ヶ月が経過しました。
入社したての頃は社会人としてのスキルや、LPIC等、新たに覚える事が多すぎて、
時間の経過がとても緩やかに感じていました。
しかし、不思議な事に今では時間が過ぎるのが早く感じています。社会人の生活に慣れてきたのでしょうか。
実際の所はOJTとして業務に触れることになり、毎日が新鮮な体験ばかりです。


ちなみに業務にはまだまだ慣れておらず、先輩や同期の方々におんぶにだっこです。
このOJTを通して勉強を積み重ね、早く一人前になれるよう努力します!



名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)


2017年07月24日
3か月を振り返って

初めまして入社一年目の中野です。

入社してから3か月が過ぎました。


YLPでは3か月の研修期間中にLPIClevel1を取得しなければいけないのですが、
私は文系出身で、サーバーやネットワークに関する知識がほぼ0の状態だったため
入社したばかりの頃は先輩方の話している事が全く分からず宇宙語を聞いているようでした。


資格取得の為にLPIClevel1の教科書を渡された時は、書かれている事が暗号のようで
こんな難しい暗号が3か月で解けるようになるのかと入社して早々不安に思っていました。

しかし、毎日の自習と先輩方からの研修の積み重ねでで昨日分からなかった事が
今日分かるようになったりと日々成長を感じる事ができ、無事LPIClevel1に合格することが出来ました。


まだまだ分からない事ばかりなので今後も勉強を継続して、早く一人前になれるよう頑張ります。
今の目標は今年中にLPIC201を取得する事です!



名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)

2017年07月19日
DNSにUnboudとNSDと言う選択は?

はじめまして。櫻井です。

LinuxなどのUNIX系OS好きで、OSにbash・vi・sshが無いと落ち着ません。
今回はDNSネタをご紹介いたしますが、これからもLinuxネタをお届けできればと思っています。

LinuxでDNSサーバと言えば「bind」を利用される事が多いと思いますが、bind以外の候補としてUnboudとNSDも検討してみてはいかがでしょうか?



bindの特徴
 機能が豊富で長年スタンダートとして利用されているので、書籍やインターネットの情報が豊富です。
 脆弱性の報告が多く、脆弱性が影響あるのか? アップデートは提供されているのか? など運用には手間も掛かります。

そこで、bindの代替候補としてUnboudやNSD。

Unboudの特徴 Unboud
 オランダのNLnet Labが開発しているDNSキャッシュサーバで高速に動作し、脆弱性の報告が少ない。
 Redhat7/CentOS7では公式パッケージで利用可能です。
 正引き・逆引きとも一通りのDNSレコードの登録は可能ですが、ゾーン転送機能はありません。複数台のDNSサーバを運用する場合は注意が必要です。

NSDの特徴 NSD
 Unboundと同じくオランダのNLnet Labが開発しているDNSコンテンツサーバ専用で脆弱性の報告が少ない。
 ただし、導入に際しては以下の点に留意してください。
 ・Redhat7/CentOS7のパッケージはEPELリポジトリからの利用となります。
 ・キャッシュ機能はありません。
 ・bindにはあるView機能がありません。
 ・マスターサーバはゾーンの差分転送機能がありません。
 *スレーブではゾーンの差分転送機能があります。




Unboud & NSD最高!と言う訳でもなく、どれも一長一短ですので、目的に適しているソフトウェアの選択のお役に立てればと思います。


名古屋Linuxスクール
ネットワークエンジニア育成に向けたコースを展開する名古屋Linuxスクール

iPhoneアプリ LPIC模擬試験(Level1-101,102)
プロフィール

ヤングライフプロポーサル

Author:ヤングライフプロポーサル
情報ネットワークサービスを多角的な視野で「紹介」「提案」するネットワークコンサルタント

有限会社ヤングライフプロポーサル

日常でのサーバー構築での出来事、名古屋Linuxスクールの学習内容・LPIC試験対策など、ブログを読んでいただく方に役立つ情報を掲載していきます。