Work Style Reforms(働き方改革)

皆様こんにちは、ハンドルネーム”self-growth(自己成長)”と申します。
グロウスと呼んで頂ければ喜びます。今後の人生もself-growthしていきたい所存です。

さて、今回のテーマは「Work Style Reforms(働き方改革)」です。

もう、聞き飽きるぐらい耳にする事が多くなったこの言葉ですが・・・。
様々な価値観がぶつかり合い、社内でも話題になることが多いのではないでしょうか。

先日、このような書籍を読みました。

「メールに使われる上司、エクセルで潰れる部下 利益生むホントの働き方改革 (朝日新書)」
https://www.amazon.co.jp/dp/product/4022737840/ref=as_li_tf_tl?camp=247&creative=1211&creativeASIN=4022737840&ie=UTF8&linkCode=as2&tag=bookmeter_book_middle_detail_pc_logoff-22


非常に興味深く、私には共感できる部分が多々ありました。特に共感した部分は以下の通りです。

----------
>A社では、部下からのメールに上司が丁寧に返信する文化があり、簡単な報告メールにも、助言などを添えて、読んだ旨を伝えるメールを出していた。
>そこで、著者は「部下からの報告メールには、原則として返信しない」というルールを取り決めた。
>これによって、上司から部下宛てのメールは、これまで1人あたり約320通/月だったところが、なんと60通にまで減少したという。
>1通あたり3分かけていたと考えれば、これは1カ月で780分(=13時間)の削減になる。

>さらに、社内メールでは「お疲れ様です」「お忙しいところ大変恐縮ですが~」などの挨拶を禁止し、
>「用件のみシンプルに伝える」ことを徹底した。これも書き手・読み手の双方の時間短縮につながったという。
----------

私、最近ものすごく感じるんですよ。特に部下が増えてきた今、余計に感じています。
特に「お疲れ様です」の挨拶に関しては、全く必要性を感じません。
しかもこの内容、私の常駐先の会社でも大きく取り上げられていたのでビックリしました。

・よくある例
「〇〇さん。お疲れ様です。〇〇です。ご指示頂きました〇〇の案件のドキュメントを作成致しました。
 お手すきの際に確認をお願いできますでしょうか。以上です。お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願い致します。」

・私が求めている例
「〇〇のドキュメントを作成したので確認お願いします。」

後者で全然伝わりますよね。私個人的には後者で良いです。互いの時間短縮に繋がります。
読み手は読みやすいし、書き手もメール作成に時間がかかりません。
もちろん「礼儀の正しい子なんだな。」「しっかりしているな。」とは感じますよ。不快になることもありません。
ただ、社内同士の関係でもそれって必要なのかな?と疑問に思う事はあります。
(親しき仲にも礼儀ありは大前提ですが)


もう一点
社内で顔を合わせる度に、電話を切る度に、繋がる度に、
また、社内会議で自分が何かを発言をする度に、
「お疲れ様です。〇〇です。」と、前置きされる方がよくいらっしゃいます。

1.挨拶を返されるのを待たない人がいて微妙にグダる。
2.返すか迷って小声で返事をして微妙にグダる。

こういうパターンをよく見かけませんか。
全員がその挨拶をする必要はあるのかな?と感じる事がしばしばあります。

これに関して私は、”臨機応変”と”TPO”だと思うのです。
挨拶はとても大事ですよ。でも、やればいいってもんでもないというのが私の持論です。
まるで決まり文句のように惰性で行う挨拶に関しては必要ない。と断言したいです。
言葉を発する、返す、をそれぞれ1人ずつ行う事を想像すると、どれだけの時間がロスするのだろうか、
いつも、これ必要なのかなーと思いながら、無駄な時間を過ごしている風に感じる事があります。
もし、100人規模の人数になっても1人1人がそんな事をしてしまったら、その挨拶のくだり(発する。返す。)
だけで1時間ぐらいロスしてしまいそうですし、口の中もパサパサになってしまって喉も潰しそうです。

ただ、もし私が「お疲れ様です。グロウスです。」とわざわざ発言する度に前置きをするパターンがあるとするならば、

1.会議中に寝ている人がいて、その人に起きてもらうために大声を発したい時。
2.会議中、横やりや雑談が間延びしていて、笑い声などでグダりそうな空気をシメる時。
3.全く別の話題に切り替わる時。場面が変わる時。変えたい時。

ぐらいですね。ですからそういったタイミングを見計らって周りをシメる挨拶ができる人は尊敬しますし、
そういった意図の挨拶ならガンガンすべきだと思います。要はTPOなのです。



つらつらと書きしたためましたが・・・
この話題のミソって、誰も悪くないというところにあると思うのです。

何故ならば、今の日本の企業の社内教育やマナー教育本で、

「社内では無駄な挨拶を省きましょう」などといった教育は一切されていないからです。
「上司には敬意を払いなさい」「新入社員なのに生意気だ。」
「社内同士の人間であっても適当な言い回しで会話してはいけない」
「報連相はキッチリと事細かにするべきだ。」

こんなところでしょうか。
誰しもが、頭では「無駄じゃないかなぁこの時間・・・。」と思いながらも、
一生懸命に丁寧語、謙譲語、二重敬語に気をつけながら、文章を作っている。
思いやりがあり、相手を気遣えて、非常に日本人らしいのですが、
せめて社内同士の関係ぐらいはもう少しフランクになってもいいのではないか。

部下がそういう気を遣わずに、端的に内容だけを伝えられるよう、
不必要な挨拶や定型文で時間を無駄にしないようなメールを送ってもらえるよう、
過剰に挨拶されないよう、私はそういう雰囲気作りから行っていきたいなと思います。



最近、そんな事を考えているグロウスでした。



効率化と常識(礼儀)のバランスは価値観によるものだから非常に難しい。
働き方改革が中々進まない理由は、そこにあるのかもしれない。




それでは。

WPA3

こんにちは。山本です。

今年 6 月、無線 LAN 製品の認証を行う団体 "Wi-Fi Alliance" が
「WPA3」 の仕様について説明会を行いました。

従来は 2004 年に策定された WPA2 を使用していたかと思いますが
ご存知の通り脆弱性 (KRACK) が見つかり、一時期話題となりました。

今回は WPA3 で何が変わるのか、ざっくりお話します。

WPA2 と同様に、 WPA3 でも 「WPA3パーソナル」 「WPA3エンタープライズ」 が用意されてます。
どちらもセキュリティの強化がされており、 辞書攻撃にも対応されております。

~~~
「WPA3パーソナル」
パスワードベースだが、WPA2-PSK よりも堅牢なセキュリティを実現。
→認証時の鍵確立プロトコルとして SAE (Simultaneous Authentication of Equals) を実装。

「WPA3エンタープライズ」
192 ビットの CNSA (Commercial National Security Algorithm) を実装。
→こちらを暗号化モードに選択した場合は、ネットワーク管理者が AP を設定する際、
  誤って弱いモードに設定できないようにする仕組みも提供されている。
~~~

機器側の仕様が時代の流れと共に進化していますが、デバイス側は対応できているのでしょうか。。?
802.11ac Wave2 対応の AP が出ていますが、それに対応したデバイスが少ないのも事実。
工場などで使用しているハンディは、物によっては未だに WPA のみサーポートとなっていることも事実。

WPA3 ではレガシープロトコルを無効化しておりますが、
レガシーな端末や環境ではなかなか切り替えられない現実もここにありますね。

2020年東京オリンピックに向けて急激に加速している日本。
今後の IT に関する技術にも目を向けていきたいですね。

それでは。

視野を広げる

こんにちは、古堅です。
YLP海外プロジェクトメンバーの一員として
今回は海外と日本の違いについて話をしたいと思います。

皆さん日本のパスポートが「世界最強」なのをご存知でしょうか。
日本は現在190ヵ国にビザなしで入国できます。
世界パスポート信用度ランキング1位です!!
あまり意識したことは無いかと思いますがこれはとてもすごい事です。
日本が世界から信頼されている証と捉えてることもできます。
これも先代の方々が頑張ってくれたおかげですね。

さて、世界最強のパスポートを持つ日本ですが、
実際海外で日本という国はどのように思われているのかご存知でしょうか。
私は何度か海外へ行った経験があるのですが
皆口をそろえて日本に行ってみたい!日本人は皆親切だしすごく良い国だよね!と言ってくれます。
言われるたびに日本人としてすごく誇らしいですし、日本人で良かったと実感できます。


しかしその反面、日本人は働きすぎ、いつリフレッシュしてるんだ?!
行ってみたいけど住みたいとは思わない!とも言われます。
どうやら日本人の働き方に抵抗があるようですね。
海外では残業をする人=仕事が出来ない人とみられてしまい
残業し夜遅くまで働くといった日本のスタイルが考えられないようです。

ある記事にマラソンで例えた話がありました。
マラソンは誰よりも短時間でゴール出来た人が勝者ですよね。
優秀な人は時間を決めて効率の良いトレーニングを行いゴールまでの道筋を立てます。
ただがむしゃらに練習する時間を多くして結果を出すのか、
効率よく時間を決めて練習し結果を出すのか、
同じ結果が出るとしたら後者の方がお得なのは間違いありません。
スポーツ選手でも練習量は人より少ないのに優秀な人っていますよね。
それはサボっているわけではなく、ただ単に練習の効率が良いからなのです。
これは仕事に言い換えると、いかに短時間で生産性を上げるかという考え方だと捉える事が出来ます。
納期を守り、自分の時間も作れる。さらにお客様に喜んでももらえる。
一石二鳥、三鳥になる考え方ではないでしょうか。
YLPはその思想をもっていますね。
海外ではこの考えが当たり前のようです。

しかし残念ながら今の日本では
「夜遅くまで残業し朝は始発で出社する」=「頑張っている・優秀な人」
と見えてしまうのも少なからずあるのではないでしょうか。

日本は「平等」というのを凄く大切にする文化があり、そこから少しでも外れると
「人と違う事をしている人」=「協調性のない変な人」と見てしまう傾向があります。
もちろんあからさまに違う事をしていれば変な人になりますが、少し過剰な部分もありますよね。
仕事が終わり帰ろうとすると「俺はまだやってるのにもう帰るのかーー!」
といったのも日本独特のスタイルではないのでしょうか。

しかし、そこまでやってきたから日本が経済的に豊かになれたのも、
世界的に信頼される国になったのもまた事実です。

経済的に豊かだけれど仕事に追われる日々。
経済的に貧しいけれと皆毎日楽しそうにしている。
日本は前者ですね。
無いものねだりだとは思いますが、
両方を実現できればこんないいことはないと思います。

お互いの良いとこどりが出来れば
更に居心地の良い国になるのではないでしょうか。
皆さんも是非一度海外に目を向けてみて
日本との違いを感じてみて下さい。
視野が広がると思いますよ。

仕事とプライベート

お疲れ様です。入社2年目の中野です。

今回は、仕事とプライベートを両立をする重要性についてお話します。

日本で生活している人の中で
充実した人生を過ごしている人は何人いるのでしょうか?
恐らく半分もいないのではないかと私は思います。

日本は経済的にはとても豊かであり先進国といわれていますが
心は「貧しい国」といわれる人々より貧しいのではないかと思う時が多々あります。

要因として、日本人は自分の気持ちを押し殺して周りの人の言葉や
目を気にして生きているので人間関係に疲れたり、仕事を真面目にしすぎている点
そしてプライベートの時間を削ってまで仕事をしている人も多い点が挙げられると思います。

ずっと遊んで生活していてはお金が無くなりますし
人の為ではなく自分の為だけに生きる事には限界があるとも思います。

ですので仕事とプライベートの両立がとても大事だと考えます。
両方が充実することで人生が豊かになると思いますので
今年は仕事とプライベートを両立し充実した1年にする事を目標にします。

努力すること

こんにちは。
入社2年目藤田です。

突然ですが

「努力は嘘をつく、でも無駄にはならない」

この言葉をご存知でしょうか?

たまたま見ていたテレビ番組で羽生結弦選手が
言っていた言葉です。

『努力が嘘をつかないんだったらやっぱり練習量を1番している人が
毎回、毎回、優勝できるでしょう。オリンピックでもどんなに努力している人でも
勝てない時は勝てないんだなと思った。逆に本当に若い選手が勢いで取っちゃうってことも。
そういう意味で努力っていうものは嘘をつく。努力の正解を見つけることが大切。』

さすが世界王者。
同い年なんて本当に考えられないくらいしっかりしてますね(笑)

なぜ今回こんな話をしたのかというと、母と話をしている時、
ふと昔の話になったからです。その時に、
「そういえばやりたいって言ってたこと全部出来てるね」
と言われました。

確かに。

YLPに入社して中学生の時から思っていた
東京生活を送ることが出来てたし
テレビ局で働きたいというのもできています。

おばあちゃんには
「上手いこといってるね~」
とよく言われます(笑)否定はしませんが....

それでも、私なりに東京に行くために大学受験の勉強をしたり
テレビ局の面接に行ったりと頑張ったつもりでした。
でも、それも全て中途半端になってしまっていて、結局自分の力不足だなと振り返っていました。
けれど、今は羽生くんが言っていたように無駄にはなっていないと捉えて生きています。
(ポジティブすぎますかね)
ただ、私の東京へ行くこと、テレビ局で働くことの
努力に対する正解が大学受験だったり就職活動だったかは正直分かりません。
でも今はこうして楽しく仕事を出来ているのならいいんじゃないかなと思います。

努力をしたらすぐ結果が出るわけではなく
長い目でみると結果は出ているという事の方が多いかもしれません。
そう考えると羽生くんが言っていた言葉はとても深いなと思いました。

この業界に入って2年目になります。まだまだ分からない事ばかりで
先輩や上長に助けられながら必死に追いつこうと努力しています。
この努力も今すぐ結果がでるものではなく、3年4年後に結果が出ると思います。
そう思うとやる気が出てきますね。

何が言いたかったかというと
今やっていることに無駄はない。ということです。
私もふと考えてしまいますが(笑)この言葉を思い出しながら
生きていけば人生謳歌出来るのではないかなと思います。

それでは人生楽しむために今日も一生懸命働きましょう!(笑)